丹波の森公苑 丹波の森公苑|丹波の自然を満喫できるイベント情報サイト
TOP
イベント情報
アクセスマップ
発行物
リンク集
お問い合わせ
丹波縄文の森塾
丹波縄文の森塾9日目(29年2月25日)

 平成29年2月25日(土)第9日目、快晴。
 午前中は、うっどかすが上畑氏、細見氏の二人の指導で、玉切りにした木材を木槌で割ってできた木片を削って、アクセサリーづくりを体験しました。塾生は思い思いの木片を選んで、一生懸命にサンドペーパーをかけ、磨き上げていました。
 次は、年間をとおして練習してきた「小刀の使い方」の総集編としての鉛筆削り大会。3分間の時間内に安全に小刀を使い、美しく、そしてバランス良く削るために真剣に取り組みました。班別にサポーターに審査してもらい、各班から勝ち上がった10本から、4本を選考し記念品をプレゼントしました。入塾当時から見ると、みんな上手になりました。
 昼食は、調理サポーターの方々のお世話による、丹波産黒豆入りごはんと味噌仕立ての豚汁です。温かく、フーフーしながら美味しくいただきました。ごちそうさまでした。
 午後は、12月にシイタケ原木から切り取った枝の後片付けと、原木の玉切り、そしてシイタケの種駒打ち。杉本サポーターの指導で、班毎に分かれて重い原木を倉庫前まで運び、一定の長さに切り、インパクトドライバーで穴をあけ、種駒を金槌で打ち込みます。初めてのインパクトドラーバーに戸惑いながらも、慣れてくるとスムーズに、手際よく作業が進みました。34本のほだ木の完成です。立派なシイタケが生えてきますように・・・・。 
 ちょっと終了時刻を過ぎましたが最後のプログラムのは、平成28年度丹波縄文の森塾生としての記念植樹です。枯れずに大きく育ちますように・・・・。

   
    
        
       
       
       
     
     


一部のページでPDFファイルを利用しています。PDFファイルをご覧になる場合は、Adobe Readerが必要になります。
Get Adobe Reader
丹波の森公苑   〒669-3309 兵庫県丹波市柏原町柏原5600 TEL 0795-72-2127 FAX 0795-72-0899