丹波の森公苑 丹波の森公苑|丹波の自然を満喫できるイベント情報サイト
TOP
イベント情報
アクセスマップ
発行物
リンク集
お問い合わせ
丹波縄文の森塾
平成29年度丹波縄文の森塾5日目(10月21日)

 10月21日、台風21号が襲ってくる前日で、天気が不安定の中、5日目の縄文の森塾を実施しました。@昼の黒豆ご飯用の枝豆もぎは創作工房での作業。A5月に植えた安納芋は、今年は、防獣ネットのおかげで豊作。雨の中の芋掘りとなりました。B稲の脱穀は、倉庫の中でホコリを気にしながらの作業となりました。昨年と同等程度の収穫量で、12月の縄文塾での餅つきが楽しみです。丹波の秋の実り三昧のプログラムでしたが、荒天で残念でした。Cお昼の黒枝豆ごはんには黒枝豆がたっぷり入り、丹波産のカボチャ入りのシチューも美味しく、丹波の秋の味覚をお腹いっぱいにいただきました。ごちそうさまでした。
午後の“里山にあるモノでの作品づくり”は、苑内で採集したコケを用いたコケ玉つくりを体験しました。
 サポーターの方々にも手伝っていただき、一人ひとり個性あふれるコケ玉を完成させました。最後にマテバシイのドングリを拾って、試食。初めてドングリを食べる塾生もいて、結構好評でした。

枝豆ご飯を楽しみに黒枝豆もぎ お馴染みの黒枝豆
 
さやから黒豆を取り出します まだ黒くなっていない生の豆
     
雨の中の芋掘り 豊作でした
     
雨のため屋内での脱穀作業 素手でモミの取り外しを体験
 
足踏み脱穀機を使った脱穀を体験
      
公苑のコケを使ってコケ玉つくりを体験。サポーターに手伝ってもらいました。
     
最後に公苑内に落ちている「マテバシイ」を拾ってきて試食。栗に似た食感ですが淡泊な味でした。
     
  
     
     


一部のページでPDFファイルを利用しています。PDFファイルをご覧になる場合は、Adobe Readerが必要になります。
Get Adobe Reader
丹波の森公苑   〒669-3309 兵庫県丹波市柏原町柏原5600 TEL 0795-72-2127 FAX 0795-72-0899