丹波の森公苑 丹波の森公苑|丹波の自然を満喫できるイベント情報サイト
TOP
イベント情報
アクセスマップ
発行物
リンク集
お問い合わせ
丹波縄文の森塾
平成30年度丹波縄文の森塾8日目(12月15日)

 5月に田植えをし、10月に刈り取ったヤマフクモチという種類のもち米を合計8臼つきました。最初はサポーターの皆さんが、蒸した餅米を杵でこねてつぶした後、威勢良くつきます。最後の仕上げを、塾生1人ひとり体験しました。つきあがると、お餅をまるめていきます。あんこ餅は、生地をよーく引き延ばし、真ん中にあんこを入れ包み込むようにまるめて完成です。その時間、塾生は2班に分かれて交代で、エノキ並木脇のクヌギを、シイタケの原木用に切り、来年のシイタケ原木作りの準備をしました。

 昼食はもちろんお餅。自分たちが田植えをして収穫した米でのお餅ということで、成就感があり、味も格別。大根おろしときな粉、粒あんが入ったお餅と一緒に豚汁をいただきました。昼食後は、小刀の使い方を学び、春日町船城地区福寿会の皆さんにお世話になりながら、正月飾りの縄をないました。縄ないは初めて!という塾生がほとんどで、一から教わりながら「メガネ」の形を作りました。

威勢よくお餅をつきます  杵はとても重かった・・・ 
 
あんこを包みます シイタケ原木の伐倒
       
ノコギリ使いも馴れてきました 上手く丸めることができました 
 
ユズリハを選びます 小刀の使い方を習いました
      
福寿会の皆さんに教わりました  試行錯誤しながらみんな上手にできました
     
     


一部のページでPDFファイルを利用しています。PDFファイルをご覧になる場合は、Adobe Readerが必要になります。
Get Adobe Reader
丹波の森公苑   〒669-3309 兵庫県丹波市柏原町柏原5600 TEL 0795-72-2127 FAX 0795-72-0899