丹波の森公苑
 
【重要】 丹波の森公苑 開館(臨時休館終了)のお知らせ  
【重要】 新型コロナウィルス感染症拡大予防に伴う施設利用についてのお願い
【重要】 丹波の森公苑ホール休館のお知らせ   
TOP
イベント情報
アクセスマップ
発行物
お問い合わせ
新着情報
2020丹波縄文の森塾1日目(6月20日)

 本年度、新型コロナウイルス感染拡大のため、丹波縄文の森塾の開塾を延期しておりましたが、6月20日(土)に小学生28名の参加を得て開催しました。
 丹波の森公苑活動支援部 細見副部長の挨拶では、約1万5千年前の縄文時代には、人々が厳しい自然の中で、色々と知恵を絞って生活をしてきたことを例に、この塾では様々な体験を通して、工夫する力「知恵」を付けてもらいたいことなどの話がありました。その後、この塾での決まり事などについて説明があり、サポーターの皆さんやスタッフの紹介がありました。
 開塾式の後には、木片を使って1年間使う名札を自分で作りました。名前と班名のほか好きな絵を描いたりして、それぞれ個性ある名札を作成。 
 続いて、サツマイモ植え。まず、杉本サポーターからサツマイモの話や植え方についての説明を受けて、畑で一人1本ずつ苗を植えました。そして自分の植えた苗が分かるように竹の札を差し、各自で成長を観察していきます。そして秋には自分の苗からできたサツマイモを収穫し、それぞれ持ち帰って家族で味わってもらうことにしています。沢山のサツマイモができるか楽しみです。
 この日の最後はオオムラサキの観察です。まず、角谷アドバイザーからオオムラサキの生態や特徴などについての話があり、また、同じ里山に住むスズメバチやマムシなどの危険な生物について、出会ったときの対応方法などの指導がありました。里山の中に設けられた第1ケージには、今、幼虫やサナギ、そして羽化した成虫がいます。角があるかわいい顔の幼虫、触るとブルブルっと震えるやサナギを観察したり、また、きれいな羽の成虫を見つけて手に乗せたりして楽しみました。


中庭での開塾式 それぞれ自分の名札を作りました。 
    
一人1本ずつサツマイモの苗を植え、自分が植えた苗が分かるように札を立てました。
   
     
     


一部のページでPDFファイルを利用しています。PDFファイルをご覧になる場合は、Adobe Readerが必要になります。
Get Adobe Reader
丹波の森公苑   〒669-3309 兵庫県丹波市柏原町柏原5600
                           TEL 0795-72-2127 FAX 0795-72-5164