公益財団法人財団法人 丹波の森協会
 丹波地域 集落活性化戦略 調査報告書
 「丹波地域集落活性化の道すじ
 -新しいふるさとづくりで子供も大人も生き生き!」

   丹波の森研究所では、平成18~20年度に、「丹波地域 集落活性化戦略調査」を実施しました。「丹波地域 集落活性化の道すじ-新しいふるさとづくりで 子供も大人も 生き生き!」は、その成果として、住民が主体となり、行政、民間組織などとの協働によって、集落の活性化を進める上での”道すじ”となる「考え方」や「進め方」をまとめたものです。
 調査にあたっては、自治会長へのアンケート、ヒアリング、年齢構成の将来予測、調査委員会およびワーキング部会における意見交換などを行いました。
地図はこちら
 報告書では、「自立的・持続的なまちづくり」「若い世代の定住」「“地域魅力&コミュニティ”づくり」「独自の”まちづくり主体”の確立」の4つの基本的視点に立ちながら、集落活性化の方向として、①集落の年齢バランスの回復と住民数の安定、②住民の自立と主体力の発揮、③”集落産業”の継続・再生・創出、④集落への愛着アップ、⑤集落のその他の諸条件の改善、⑥的確な「まち(校区・集落)づくり」への取り組み、⑦集落を超えた広域的対応、の7つを示しています。
 また、丹波地域における先進的な取り組みが”コラム”として、多数盛り込まれています。
 この報告書は、集落活性化を進める際の指針(手引き)として、あるいは学習会のテキストとしてなど、幅広くご活用ください。
 
 
   丹波地域 集落活性化戦略 調査報告書(PDF)
   第1部:篠山市・丹波市別の状況(PDF)
   第2部:集落タイプ別の状況(PDF)


Copyright © 2007 公益財団法人 兵庫丹波の森協会 All rights reserved.