事業案内

Project

平成30年度丹波縄文の森塾6日目(10月20日)

10月20日、6日目の縄文塾を実施しました。
① まず始めに、お昼ご飯の準備で黒枝豆ごはん用の枝豆をもぎ取り、皮から出す作業をしました。
② 稲の脱穀は、足踏み脱穀機と千歯コキの2種類を体験しました。今回脱穀したお米を12月の縄文塾での餅つきに使うので、とても楽しみです。
③ 田んぼにいるメダカを川に逃がしてやりました。メダカ以外にも沢山生き物を見つけました。
④ お昼ご飯は、黒枝豆がたっぷり入った枝豆ごはんとシチュー。丹波の秋の味覚をお腹いっぱいいただきました。
⑤ 午後からは、小刀の使い方とドングリについて学びました。
⑥ ドングリや小枝を使って、一人ひとり個性あふれる作品を作ることができました。

枝豆ご飯を楽しみに黒枝豆もぎ
みんなで稲の運搬  
足踏み脱穀機での脱穀 
千歯こきでの脱穀
田んぼにいるメダカを救出
川へ逃がしてあげました
色んな生き物を発見!
小刀の使い方を習いました
ドングリや小枝を使って作品づくり

こんな作品ができあがりました