令和3年度 丹波の森大学

University Of Tanbaforest

  • トップ
  • 令和3年度 丹波の森大学

昭和63年に、豊かな自然と文化を活かした丹波の地域づくりの指針である「丹波の森宣言」が採択され、これを受けて平成元年には、人と自然と文化が調和した地域づくりを目指す「丹波の森構想」が策定されました。そして宣言採択から30周年を迎えた平成30年には、宣言の理念をしっかりと受け継ぎながら、社会環境やライフスタイルの変化をふまえた、新しい丹波の地域づくりが始まりました。
丹波の森大学も、新しい時代のなかでの個性豊かで、誰もが幸せに暮らせる地域づくり・環境づくり、そして、それを支える「もりびと」づくりのためのより深い学習と実践の場として、多彩な講師陣による講義と現地学習をまじえた講座を展開します。
令和3年度は「森の声を聴く」を学習の基本テーマとし下記のとおり受講生を募集します。

令和3年度事業 
※定員に達しましたので申込受付を終了とさせていただきます。
日 時令和3年5月29日(土)~令和4年1月22日(土)全9回
場 所丹波の森公苑または丹波篠山市民センター
テーマ学習の基本テーマ「森の声を聴く」
丹波の森から様々な声が聞こえてきます。動物や植物、風や水、歴史を築いた先人たち、
そして今ここにくらす人々が、それぞれの声で語りかけてきます。生きることの喜びや
出会うことの楽しさ、そして時には悲鳴も聞こえてきます。耳を澄まして森の声を聴き、
自分の言葉で森に話しかけることから、新しい丹波の森づくりが始まります。
定 員50名(先着順)
受講料8,000円(学生は無料)
募集期間令和3年3月20日(土)~5月22日(土)
申込先(公財)兵庫丹波の森協会 講座「丹波の森大学」事務局
申込方法受講生募集パンフレットをお持ちの方は、付属のハガキでお申し込みください。
また、上記の受講申込書(PDF)を印刷し、必要事項を記入の上、FAXでもお申し込み
いただけます。
パンフレット
設置方法
丹波の森公苑、丹波年輪の里、ささやまの森公園、丹波並木道中央公園、丹波篠山市役所・
各支所、丹波市役所・各支所、丹波篠山市民センター、丹波市各住民センターほか
プログラム一覧
日時会場講義テーマ講師
5/29(土)
開講式10:00~
10:30~12:00
丹波の森公苑
多目的ルーム
新縄文人がくらす丹波の森関西学院大学建築学部学部長
丹波の森大学学長
角野 幸博
6/19(土)
10:00~11:30
丹波篠山市民センター人と災害
ー水・旱・風・虫害の歴史
滋賀県立大学名誉教授
滋賀大学経済学部附属史料館客員研究員
水野 章二
7/17(土)
10:00~11:30
丹波の森公苑
多目的ルーム
【公開講座】
森との対話
兵庫県立人と自然の博物館名誉館長
岩槻 邦男
8/21(土)
10:00~11:30
丹波篠山市民センター丹波地域の森林の特徴と保全兵庫県立大学自然・環境科学研究所教授
兵庫県立人と自然の博物館次長兼研究部長
石田 弘明
9/18(土)
10:00~11:30
丹波の森公苑
セミナー室
森づくりに関わる「ひと」の声を聴く神戸大学農学研究科特命准教授
清水 夏樹
11/6(土)
10:00~11:30
丹波の森公苑
多目的ルーム
【公開講座】
わかりあえないことから
芸術文化観光専門職大学学長
劇作家
平田 オリザ
11/20(土)【学外研修】
滋賀県立琵琶湖博物館他
12/18(土)
10:00~11:30
丹波の森公苑
セミナー室
小さな流域の単位で捉える地域の歴史文化とその保全大阪大学工学研究科環境エネルギー工学専攻助教
松本 邦彦
1/22(金)
10:00~11:30
閉講式11:30~
丹波の森公苑
多目的ルーム
【公開講座】
里山林の健全性と持続性確保
ための活用とは
神戸大学大学院農学研究科森林資源学研究室教授
黒田 慶子
(敬称略)
※プログラムの日程は、講師等の都合で変更することがありますので、予めご了承ください。
講義の様子(令和2年度)
現地学習の様子

« 問い合わせ先 »
(公財)兵庫丹波の森協会
〒669-3309 兵庫県丹波市柏原町柏原5600
TEL:(0795)73-0933/FAX:(0795)72-5164

「丹波の森宣言」を見る「丹波の森宣言」を見る