令和4年度 丹波の森大学

University Of Tanbaforest

  • トップ
  • 令和4年度 丹波の森大学

         ※定員に達しました。キャンセル待ちで受け付けています。

昭和63年に、豊かな自然と文化を活かした丹波の地域づくりの指針である「丹波の森宣言」が採択され、これを受けて平成元年には、人と自然と文化が調和した地域づくりを目指す「丹波の森構想」が策定されました。そして宣言採択から30周年を迎えた平成30年には、宣言の理念をしっかりと受け継ぎながら、社会環境やライフスタイルの変化をふまえた、新しい丹波の地域づくりが始まりました。
丹波の森大学も、新しい時代のなかで個性豊かで、誰もが幸せに暮らせる地域づくり・環境づくり、そして、それを支える「もりびと」づくりのためのより深い学習と実践の場として、多彩な講師陣による講義と現地学習をまじえた講座を展開します。
令和4年度は「森の恵み」を学習の基本テーマとし、下記のとおり受講生を募集します。

令和4年度事業 
日 時令和4年5月21日(土)~令和5年1月14日(土)全9回
場 所丹波の森公苑または丹波篠山市民センター
テーマ学習の基本テーマ「森の恵み」
丹波の森は、私たちにさまざまな恵みをもたらしてくれます。多様な動植物と豊かな生態系、水と緑が織りなす美しい風景、そしてくらしと産業を支える農産物や森林資源。その恵みのもとで、私たちは太古の昔から独自の生活文化を育んできました。
今、人口減少や産業構造の転換、自然災害やパンデミック、さらには地球レベルでの気候変動
などが、丹波の暮らしを大きく変えつつあります。
今一度丹波の森の恵みを見直し、それを保全・活用することで、持続可能で魅力あふれる丹波
づくりをめざします。
定 員60名(先着順)
受講料8,000円(学生は無料)
募集期間令和4年3月20日(日)~5月14日(土)
申込先(公財)兵庫丹波の森協会 講座「丹波の森大学」事務局
申込方法上記の受講申込書(PDF)を印刷し、必要事項をご記入のうえ、事務局まで持参いただくか、郵送またはFAXでお申込みください。
パンフレット
設置方法
丹波の森公苑、丹波年輪の里、ささやまの森公園、丹波並木道中央公園、丹波篠山市役所・
各支所、丹波市役所・各支所、丹波篠山市民センター、丹波市各住民センターほか
プログラム一覧
日時会場講義テーマ講師
5/21(土)
開講式10:00~
10:30~12:00
丹波の森公苑
多目的ルーム
森のくらしの最前線関西学院大学建築学部学部長
丹波の森大学学長
角野 幸博
6/18(土)
10:00~11:30
丹波の森公苑
多目的ルーム
【公開講座】
農山村からの地方創生
明治大学農学部教授
小田切 徳美
7/30(土)
10:00~11:30
丹波篠山市民センターグリーン産業化を担う料理人と日本の職業教育の役割
辻調理師専門学校産学連携教育推進室 室長
尾藤 環
8/20(土)
10:00~11:30
丹波篠山市民センター参加型で立ち向かう砂漠化関西学院大学総合政策学部教授
国連・外交プログラム室副室長
西野 桂子
9/10(土)
10:00~11:30
丹波の森公苑
多目的ルーム
【公開講座】
世界遺産になった縄文遺跡の縄文里山づくり
-岩手県御所野遺跡-
いちのへ文化・芸術NPO代表理事
御所野縄文博物館館長
高田 和徳
11/5(土)
10:00~11:30
丹波の森公苑
多目的ルーム
“森のめぐみ”とランドスケープデザイン
シンガポール・ガーデンシティの実践を通して
兵庫県立淡路夢舞台公苑温室「あわじグリーン館」館長
株式会社ウイン代表取締役
稲田 純一
11/19(土)淡路島【学外研修】
兵庫県立淡路夢舞台公苑温室「あわじグリーン館」他
12/17(土)
10:00~11:30
丹波の森公苑
多目的ルーム
”森を愛する=森を利用する
~ ドイツ人はなぜ森を愛するのか~”
関西学院大学産業研究所准教授
アンナ・シュラーデ
令和5年
1/14(土)
10:00~11:30
閉講式11:30~
丹波の森公苑
多目的ルーム
森、みどり、人
--森の恵みを識る--
兵庫県立人と自然の博物館名誉館長
東京大学名誉教授
岩槻 邦男
(敬称略)
※プログラムの日程は、講師等の都合で変更することがありますので、予めご了承ください。
公開講座の様子(令和3年度)

現地学習の様子(滋賀県近江八幡市)

« 問い合わせ先 »
(公財)兵庫丹波の森協会
〒669-3309 兵庫県丹波市柏原町柏原5600
TEL:(0795)73-0933/FAX:(0795)72-5164

「丹波の森宣言」を見る「丹波の森宣言」を見る